私の頭の中をご紹介/陰陽編

こんにちは。

刺さない鍼で体質改善のサポート・心合いの風鍼灸院の大野です

~はじめましての方はこちらもご覧ください~

昨日はすごい風でまた看板の板が全部外れまして(今回は裏面)、

予約のない時間帯に急いで伝導ドリルとドライバーで元通りにしました。

素人ですから綺麗に出来ませんでしたが^^;、

お陰で今朝は右肩が凝って辛くて起きてもしんどくて自分に鍼をしました。

ポイントは足首と鎖骨ですが、やっぱり内臓から整えるほうが効きました。

とゆーわけで今めっちゃやる気があるので、オフですし色々お話しますね~笑。

さてさて記念すべき1話目は陰陽(いんよう)についてです。

問診でも軽くお話していますが、なんか陰陽って聞きなれないし、

なんか怪しい!ってかんじでしょうか?

(私はわくわくするんですけども笑)

陰陽という言葉は一般的にはきっと使わないのですが、

使われていないけど、

実はみなさんの関係する全てにおいて存在しています。

例えば、月や太陽、季節、食べ物、みなさんの感情や性格、内臓・・

全て陰陽に分類ができます。

陰:月、冬、冷、静、沈、女、慢性、お腹・・・


陽:日、夏、温、動、浮、男、急性、背中・・・

陰陽きっちり分けられますが実は一筋縄でもないので笑・・

昼は陽といわれますが午前中は陽中の陽、午後は陰中の陽となり、

例えば食べ物でも陰のものでも火を通すと陽に近づいたりします。

女性の本質は陰ですが、元気なひとは陽が盛んということになり、

男性の場合も本質は陽ですが、静かにしている間は陰となります。

こうやって陰陽の陰の中でも陰と陽といったふうに、

どこまでも分けられていきます^^

また、陰陽の二気から四季ならび人を含めて万物が生じたといわれています。

陰陽の二気というのは、

・陰の気(重くて下に下がる地の気)

・陽の気(軽やかで上に上がる天の気)

この二つを指すのですが、

これら二つの気がうまく調和して人もつくられているので、

陰と陽の気がバランスよく巡っていると病気しらずということです。

あまり長くなるとわけわからんくなりますので^^;、

この辺で陰陽の説明としておきます^^

簡単にまとめると・・

陰陽は身近なもの全てに区別することが出来て、


私たちの体をつくる二つの気の代表なんだ。

へぇ~~~というかんじですね。

メルマガ登録の方限定のお得な情報はこちら☆

最後までお読みいただきありがとうございます^^

枚方・肩こりは一瞬で☆はりを刺さない鍼灸師の大野でした。

枚方市駅徒歩5分 心合いの風鍼灸院

◆営業時間:午前10時~12時/午後14時~17時

(17時以降の予約は相談ください・20時まで可)

◆定休日:月・水・第3日曜日

◆場所:大阪府枚方市岡南町10-14

葉メニュー

葉アクセス

葉お客様の声

葉現在のご予約状況

手紙(24時間受付)
枚方・刺さないはりで肩こり知らず!体質根本改善は心合いの風鍼灸院

携帯電話072-861-1633

枚方・高槻・茨木・京都・大阪・兵庫からお越しいただいております。 肩こり、腰痛、五十肩、むくみ、疲れ、更年期、腎不全、糖尿病など生活習慣病から体質改善までお任せください^^

コメントを残す