腎臓を強くする5つの方法

08こんにちは。
枚方のささないはりで肩こり知らず・心合いの風鍼灸院の大野です(*´ω`*)/

最近患者さんと腎臓の話をすることが続いたのでまとめてみようと思います^^

腎臓は腰にあって、左右2つあります。握りこぶしくらいの大きさをしています。

体の不要なゴミ(老廃物)やむくみの元になる余分な水分を外へ出して血液を浄化してくれています。

東洋医学では腎臓は「腎」じん、と言います。

腎臓は東洋では記憶力とも深い関係にあるので、学生の頃の試験前には腎臓を強くするためにお灸をしたり、手当をしていました。

あとは骨や歯も腎が深く関係するため、腎が弱くなるとそれらも不調になりやすいといわれています。

あとは肝腎要というように体の中でも大事な内臓になりますね。

今日は今すぐできる腎臓を強くする方法をシェアします^^

その1は、「横になる」です。

家事や仕事の手を休めて、30秒でもいいので横になってください。それだけで全身に血流が流れるため腎臓の負担が減ります。

その2、水を飲んでお手洗いにいくこと。
1日5〜6回は最低でもお手洗いにいきましょう。

その3、塩分をとる。
これを言うとびっくりされるのですが、塩分が足りていないことが多いんでちゃんとした塩をとるようにしましょう。減塩商品とかは論外です。

その4、両手をこすり合わせて、腰をさする。
手のひらを腰にこすります。この時はつま先立ちになりましょう。腎臓を強くする摩擦刺激になります。

その5、ふくらはぎの腎臓のつぼなどにお灸をしましょう。
今度動画をとりますね^^

以上が簡単で今すぐできる腎臓を強くする方法です。

寝るのが一番簡単ですね笑。

腎臓が疲れると、心臓にも負担がかかりますし、ゆっくりできる時は無理せずおやすみくださいね^^

腎臓が弱くなると、顔が黒っぽく粉をふいたようになるので、女性は特に美容面でも大きく見た目に影響します。

老化にも関わりますので、いつまでも若々しくいたい方は腎臓を強くしましょう^^

今度は腎臓を補う食べ物についてもご紹介してみますね!

最後までお読みいただきありがとうございます^^
枚方・肩こりは一瞬で☆ささないはり・鍼灸師の大野でした。

◆ここでは言えないお得な情報やイベント、新商品キャンペーン情報をいち早く無料でお届けします^^!メルマガの登録はこちらから♪

 ◆一番人気メニュー「脱がないリンパ×ささないはり」むくみスッキリ&驚くほど体が軽くなる!約1ヶ月効果が持続♪

 ご予約はこちらからどうぞ^^
申込フォームで予約する
電話:090-9116-5509

 ◆院長自腹で試して愛用中の一押し健康美容アイテムはこちら

枚方市駅から歩いてすぐ^^ 心合いの風鍼灸院
・営業時間:午前10時~12時/午後14時~17時
・定休日:月・水・第3日曜日
・場所:大阪府枚方市岡南町9-6

 メニュー
 アクセス方法
 お客さまの声
 ビフォーアフター
 申込フォームで予約する
 電話:090-9116-5509

京阪(枚方・枚方公園・香里園・寝屋川・門真・守口・御殿山・牧野・樟葉・八幡・宮之阪・星ヶ丘・交野・村野・長尾)、高槻・茨木・京都・滋賀・大阪・兵庫などからご来院いただいております。

肩こり、腰痛、五十肩、むくみ、疲れ、冷え性、更年期、腎不全、糖尿病、ダイエット、小顔、水溶性ケイ素など生活習慣病から体質改善までお任せください!

コメントを残す